fairy tails

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |

やられた〜

週末の昼下がり。
パパはソファで、わんこたちは窓際でのんびりお昼寝。

















のはずが・・・

















リキ坊ーーーーーーーーーーッ!!!!







パパのめがねが〜〜〜!

コーヒーテーブルの上に置いておくほうが悪いんだけどね。
| ウチの子たち | comments(2) | - | 19:37 |

迷子のミント帰宅しました

昨日の夕方、自宅前でバイクと接触し、驚いて逸走してしまった初代預かりっこのミントが、今朝4時頃、自宅に戻ってきたとの連絡をいただきました。

心配していた怪我ですが、打撲と擦り傷だけで済んだそうです。



無事に戻ってこれたことにいぬ親様も私も胸をなでおろしています。

ご心配をおかけしてすみませんでした。

| お知らせ | comments(2) | - | 00:23 |

ドッグラン

元気が有り余っているリッキーを連れて、ドッグランへ行って来ました。

リッキーは両後足膝蓋骨脱臼のため、激しい運動は控えるように言われています。
でも、脚に筋肉が付いてきたからでしょうか、預かり当初のようにスキップをして歩くこともなくなったことだし、短時間なら大丈夫なんじゃないかな?

内弁慶な子なので、最初はしっぽもだらん。
他のわんこに囲まれて緊張していたので、誰もいないエリアへ移動しました。

好き勝手に臭いをかいで、おしっこして。


一体どれだけタンクに水が溜ってるんだ??と思うくらい、何度も何度もマーキング。


お隣の小型犬用のスペースにいたマルチーズの女の子にご挨拶。



ボール投げしたり、好きなように走ったりで、結構楽しんでくれたようです。
| ウチの子たち | comments(2) | - | 21:25 |

台風一過

雨・雨・台風と続いた今週前半。
やっと洗濯物が外に干せる〜〜!

091009_0933~01.jpg
洗濯物を干している間、デイジーとルビーはベランダでごろりん。

091009_0933~02.jpg
日向ぼっこが心地よい季節になってきたね。

2頭が2階に上がってきても、リッキーはひとりで1階に残っています。
意外なことにリッキーは階段が昇れないのです。
なんて情けない・・・
でも2階に自由に出入りできるようになると子供部屋を荒らすのは目に見えているので、あえて階段の昇り降りを教えるつもりなし!


| ウチの子たち | comments(0) | - | 15:17 |

ある子猫の死

土曜日の朝、近所に住むわんこ仲間からSOS。

家の駐車場に猫が倒れているんだけど、どうしよう?

すぐさま現場に駆けつけると、そこには衰弱しきった、まだ小さな子猫が。
「死んでいるかと思った」との言葉通り、目を開いたまま、息も絶え絶え、ほんのかすかに口が動くだけ。

もうダメかもしれないと思いつつも、それでもまだ生きているんだからと急いで動物病院に連れて行きました。

生後2ヶ月ほどの子猫ですが、骨と皮だけになっていて餓死寸前。
前日からの土砂降りの雨に打たれたせいか、低体温症で体温が35℃。
子猫の心拍数は普通は200くらいだそうですが、この子は50ほどしかありませんでした。

先生に治療をお願いして、一旦家に戻ったのですが、私達が病院を出て5分後に心肺停止状態になったそうです。
蘇生で息を吹き返したものの、助かる可能性は10%ほど、おそらく今日明日に力尽きるのではと言われました。

不安な気持ちで一夜を過ごし、様子を見に行こうと出かける準備をしていた昨日の朝、保護主であるわんこ仲間から電話がありました。
「さきほど息を引き取ったと病院から連絡があった」と。

最初から覚悟はしていましたが、やはりショック・・・

何日もご飯を食べられなくて、お腹ぺこぺこだったね。
冷たい雨に打たれて冷え切った体では、助けを求める声を上げることもできなかったのかな。
もっと早くに気づいてあげられなくてごめんね。

ごくたまにひとり散歩中?と思う猫を見かけることはありますが、子猫はこの近辺で見かけたことはありませんでした。
野良の子なのか、最近捨てられた子なのか、それとも家を飛び出して迷子になった子なのかはわかりません。

なぜこんな小さな子がひとりぼっちで苦しんで、わずか2ヶ月ほどの生涯を閉じなければいけなかったのか。
病院に連れて行く車の中で膝の上に乗せたその子猫はとても軽く、乗せているのが分からないほどの小さな子でした。
でも命は重いはずなのに、と思うとやるせない気持ちでいっぱいです。
| つぶやき | comments(2) | - | 11:28 |
RECENT COMMENTS
SLIDESHOW
いつでも里親募集中
ACCESS ANALYZER
MOBILE
qrcode
PROFILE