fairy tails

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |

尿漏れ

最近の悩み事。

デイジーの尿漏れ。

去年も一度経験しているのですが、水道の蛇口がしっかり閉まっていないかのように、寝ている間にポタッ、ポタッとおしっこが漏れるのです。
眠りが浅いときは本犬も不快に思うのか、漏れるたびに舐めようとするので、気がついたらすぐに庭に出しておしっこさせます。
夜、ぐっすり眠ってしまうとさすがにデイジーも私も気がつかず、朝になってベッドがぬれていた・・・なんてことがここ数ヶ月間、しょっちゅうありました。

去年病院に連れて行ったときに検査をしてもらったのですが、phがちょっと高めな以外は異常なし。
避妊手術をした子の中には、ホルモンのバランスが崩れて尿漏れをする子もいるそうです。
病気ではないので、そういうものだと思って対処するのがいいと言われました。


【ポイント5倍】【送料無料】ネイチャーベットクランベリーリリーフ 50g

とりあえずphを下げるためにクランベリーリリーフというサプリを飲ませたのですが、いつの間にか尿漏れは治っていました。
数週間後の尿検査でもphが下がって正常値に戻っていたので、それで終わったものだと思っていたのですが、今年の春になって尿漏れが復活。

DICの治療のため、しばらくステロイドを飲んでいて、その副作用で多飲多尿になっていたので、それが原因かと思っていました。
でも薬を飲むのをやめても尿漏れは治りません。

オムツをするほどでもないし、子供たちが小さいころ使っていたおねしょシーツをベッドに敷いて使っていたのですが、毎日のようにシーツを洗濯しなければいけないのはちょっと困りもの。
デイジーもおしっこ臭いしね・・・

1ヶ月ほど前、尿漏れに効果があるというサプリを見つけ、即注文しました。


尿漏れなどに。犬猫兼用ディーンズ ベアベリータブレ 50粒

すぐに効果が現れてびっくり。
気がついたときにすぐに庭に出せるようにと、ここ半年以上ずっとリビングのソファで寝ていた私も、これでベッドでぐっすりと眠れるぞ〜。

と、喜んだのもつかの間・・・

ちょうど50粒を飲みきって、もうサプリのお世話になる必要もないかな?と飲ませるのをやめたら、その翌日からまた尿漏れ。
あわててネットで注文しました。

もうしばらく飲まなきゃいけないのかな?
もしかしてずっと飲み続けることになるのかも。
1日2粒で25日分しかないから、頻繁に注文しなきゃいけないのが面倒。

でも、こんなささいな悩み事、どうってことない。
デイジーが生きていてくれるだけで幸せ。
| ウチの子たち | comments(4) | - | 22:33 |

やられた〜

週末の昼下がり。
パパはソファで、わんこたちは窓際でのんびりお昼寝。

















のはずが・・・

















リキ坊ーーーーーーーーーーッ!!!!







パパのめがねが〜〜〜!

コーヒーテーブルの上に置いておくほうが悪いんだけどね。
| ウチの子たち | comments(2) | - | 19:37 |

ドッグラン

元気が有り余っているリッキーを連れて、ドッグランへ行って来ました。

リッキーは両後足膝蓋骨脱臼のため、激しい運動は控えるように言われています。
でも、脚に筋肉が付いてきたからでしょうか、預かり当初のようにスキップをして歩くこともなくなったことだし、短時間なら大丈夫なんじゃないかな?

内弁慶な子なので、最初はしっぽもだらん。
他のわんこに囲まれて緊張していたので、誰もいないエリアへ移動しました。

好き勝手に臭いをかいで、おしっこして。


一体どれだけタンクに水が溜ってるんだ??と思うくらい、何度も何度もマーキング。


お隣の小型犬用のスペースにいたマルチーズの女の子にご挨拶。



ボール投げしたり、好きなように走ったりで、結構楽しんでくれたようです。
| ウチの子たち | comments(2) | - | 21:25 |

台風一過

雨・雨・台風と続いた今週前半。
やっと洗濯物が外に干せる〜〜!

091009_0933~01.jpg
洗濯物を干している間、デイジーとルビーはベランダでごろりん。

091009_0933~02.jpg
日向ぼっこが心地よい季節になってきたね。

2頭が2階に上がってきても、リッキーはひとりで1階に残っています。
意外なことにリッキーは階段が昇れないのです。
なんて情けない・・・
でも2階に自由に出入りできるようになると子供部屋を荒らすのは目に見えているので、あえて階段の昇り降りを教えるつもりなし!


| ウチの子たち | comments(0) | - | 15:17 |

ウチの子1周年

土曜日にルビーがウチの子となって1周年の節目を迎えました。


相変わらずベッドに骨類を集めるのが好きです。

一日のほとんどをスースー、グーグーと寝ていて、のんびりまったりのルビーですが、ご飯となると俄然元気になり、犬が変わります。
夕飯の準備をしているときも常にキッチンのベストポジションをキープ。


ウルウルのお目目も健在です。
この大きな目に弱くて、ついつい甘やかしてしまう。



寝ているところに預かりっこがズカズカとやってくると怒りますが、それ以外は預かりっこが近寄ってきても逃げることもなく、預かりっこに近寄ることもなく。
預かりっこには無関心、常にマイペースなおばあちゃんです。

この1年間、持ち前の癒しパワーで私たちを和ませてくれました。
こんなに優しくてかわいい子はそうそういないと思います。
親バカじゃないもん。 本当のことだもん。

これからもずっと一緒に幸せな時を刻んでいきたいと思います。


それからもう1頭、大事な大事な我が家の女王様。
退院してからはずっと投薬による治療を続けてきました。
見た目はバリバリに元気で、エコーでもボコボコだった肝臓の表面がとてもきれいになったのに、血液検査では肝機能の数値が思うように下がらずに心配しましたが、先日の血液検査でやっと正常値に戻りました。

DICの原因となる基礎疾患の6、7割ほどが悪性腫瘍だそうですが、恐れていた再発もなく、他に何も健康状態に不安な面も見当たらないまま回復したことを考えると、デイジーの場合は腫瘍が原因ではなさそうです。
となると、中毒やアレルギーが原因となりますが、何がショックを引き起こしたのかまではわかりません。
除草剤なのか、殺鼠剤なのか? はたまた何か拾い喰いしたものに強いアレルギー反応が出たのか?

とにかく腫瘍でなかったことに胸をなでおろしました。
しかし、今後何に気を付ければいいのかがわからず、絶えず不安は付きまといます。
できることといえば、散歩のコースを変えて、草むらには近づけないようにするだけ。

病気になってからかなり甘やかしたこともあって、わがままな女王様になってしまいました。
でも元気になってくれたのだから、それでいい。



脳梗塞を起こしたこともあり、何か後遺症も残るのではないかと心配しました。
それよりももっと恐ろしい、このままデイジーを失ってしまうのではないかと不安で仕方がないときもありました。
命が助かっただけでなく、以前と変わらぬ元気な姿に戻ってくれて、神様にいくら感謝してもしきれないくらいです。

デイジーとルビーは私の大切な宝物。
預かりっこが入れ替わり立ち代りやってきて、ストレスもたまることもあるよね。
この子たちが、この家に来てよかったと思ってくれるようもっと大切にしなければ。


リッキーのいぬ親さん募集中。
詳しくは ⇒ ちばわん
| ウチの子たち | comments(6) | - | 23:06 |

生還

預かりブログ不定期更新宣言をして、一部の方にご心配をおかけしてしまったようですみません。
預かりっことは関係のないことなので今まで書かずにいましたが、曖昧にしておくよりもきちんと説明しておいたほうがいいのかな?と思い、この半月のことを書くことにしました。

長くなりますが、もしよければお付き合いください。


3月27日の午後のことでした。
晩ご飯の準備をして、そろそろデイジーとルビーの散歩に行こうと思った矢先にデイジーが嘔吐。
まだ気持ち悪そうで、庭に出て吐きたがったので、リビングの窓を開けてデイジーを庭に出しました。
部屋の中の汚れを片付けて、デイジーの様子を見に窓から顔を出すと、デイジーが頭を下げたまま固まっているのが見えました。

急いで抱きかかえて部屋に戻し、床の上に置いたところぐったりとして動かず。 
失禁していたのに気が付きました。
慌ててかかりつけの動物病院に電話、すぐに病院に車を走らせました。

倒れてから診察台の上にデイジーを乗せるまではわずか10分ほどのことだったと思います。
矢継ぎ早に処置が施されるのを呆然と見ていたのは覚えています。
脳梗塞を起こしていると言われました。 
全身麻痺で針を足や肛門周りに刺しても全く反応なし。
何が何だか訳がわからず、先生の「かなり危険な状態です」という言葉だけが頭の中に響いていました。
ついさっきまでは元気だったのに。

1時間ほどが経ち、わずかに足が動くようになったとホッとしたのですが、ほぼ同時に血便が出るようになりました。
血小板の数が限りなくゼロに近く、血が止まらない。
血液の病気であるというようなことを言われました。

その日はそのまま入院。
翌朝一番でお見舞いに行ったところ、私達の顔を見て吠えるほど元気になっていました。
しかしまだ血便は止まらず、検査の結果、急激な肝機能の低下とDIC(播種性血管内凝固症候群)という聞いたこともない病気であることを知らされました。



先生からもらった資料にも自分でネットで調べたものにも良いことは書かれておらず、読み進めるのが辛い。
命にかかわる病気で、しかも容態が急変するのは目の前で起こったことからも理解できました。

幸いデイジーは先生も驚くほどの回復力を見せ、29日に仮退院、30日に点滴入院をした後、31日から自宅療養となりました。

何か基礎疾患が原因となってDICが起こるそうで、その基礎疾患を特定し、治療しない限り、また再発するそうです。
病気の深刻さに怯え、いつまた倒れるかわからないという不安に押しつぶされそうで、デイジーから目を離すのが怖くて仕方がない。
何も手に付かない日々が過ぎていきます。



倒れてから半月が経ちました。
食欲バッチリなのは倒れた翌日から変わりませんが、今では部屋の中をうろうろする元気もあり、表情も生き生きしてきました。
15分程度の散歩にも出かけられるようになりました。

何がDICを引き起こしたのか、その原因を探る必要があるのですが、レントゲンやエコーでは腫瘍も見つからず、今のところはっきりとはわかりません。
中毒やアレルギーによるショックの可能性も指摘されました。
食いしん坊ビーグルですので、拾い喰いはよくありますが、何か怪しいものを口に入れた時は無理やり吐き出させています。
ただ、その日の朝はデイジー、ルビー、リッキーと3頭引きで散歩していたので、もしかしたら私が気が付かないうちに何か食べたのかもしれない・・・
しかし100%中毒とも言えず、今後肝臓の回復を待ってCTやMRIで腫瘍があるかどうかの検査をすることになります。

それまで心休まるときがないのですが、今はデイジーが生きて帰ってきてくれたことに感謝し、デイジーが私の側にいてくれることを喜んでいます。



どれだけデイジーが大切な、愛しい存在なのかを痛感しました。
いつか別れのときが来るのはわかっていますが、今はまだそのときではない。
けれど、デイジーとの一日一日を大切にしていこうと誓いました。


この幸せがいつまでも続きますように。
| ウチの子たち | comments(8) | - | 23:52 |

インフルエンザ

連休明けに長男がインフルエンザでダウン。
予想通り続いて次男も感染してしまいました。
ちゃんと2回予防接種受けたのに〜。 兄弟で12000円も払ったのに〜。

一家の飯炊きおばさんまで倒れたら大変と、ただいま厳戒態勢で加湿器を使い、ことあるごとに手を洗い、24時間マスクをして必死でうつらないようにしています。
A型のインフルエンザでさえこんな状態。 新型が出たら大変だと改めて思いました。
非常食とマスクの備蓄をもっとしておかないと。

私ひとりピリピリモードで、わんこたちはいつも通りまったりしています。

デイちゃん、また枕にされてるよー。

この子たちの周りはとてもゆったりとした時間が流れていて、うらやましい限りです。
| ウチの子たち | comments(3) | - | 21:28 |

新年

いろはをお届けして、さて掃除だ、お節だとあわただしく過ごしていたら、すっかり新年になっていました。
2008年を振り返っている暇もなかった・・・

そんなこんなで2009年です。



昨年は預かりっこたちを通して多くの人との素晴らしい出会いがありました。
今年も不遇な環境にある子が1頭でも幸せになれるよう、微力ではありますががんばっていきたいと思います。

現在預かりっこのいない我が家、のんびりとお正月を過ごしています。
今朝はお正月恒例、散歩のついでに凧揚げをしました。


雲ひとつない、真っ青な空。
一年のスタートとしては申し分ないですね。


ルビーの耳が風になびいています。


寒さが苦手なデイジーは凧揚げに付き合うのもいやかな?


バタバタと音を立てる凧を見上げるルビー。

今年もいい年でありますように。


++ お礼 ++

リリーの里親様より、デイジーとルビーにお年玉をいただきました。


立派なお重に入ったお節風のわんこおやつです。

すご〜い! 豪華!
これでお正月は食っちゃ寝決定ね。

M様、どうもありがとうございました。 わんこたちも 「うまうま」 と喜んで食べています。
| ウチの子たち | comments(8) | - | 21:54 |

膝の上

2年半前に亡くなった先代ビーグルは人間の脚の間に座るのが好きでした。
誰かが床に座ると、前足でチョンチョンと人間の脚を引っかき、座らせてとアピール。
しかし、次男の脚は小さ過ぎて座り心地が悪かったようで、次男が「おいで」と声をかけてもなかなか座ってくれませんでした。

「どうしてボクのお膝には座ってくれないの?」とべそをかいていた幼稚園児も来週で8歳。


まだまだ狭いけれど、暖かさは他の家族と変らないようです。





ルビーが次男の願いを叶えてくれました。
ルビー、ありがとね。
| ウチの子たち | comments(7) | - | 13:10 |

スヤスヤ

昨日の夜の天気予報で、今日は今年一番の冷え込みと言っていたので、さぞ寒いのだろうと思っていたのですが、それほどでもなかったような気が・・・
日中は太陽が出てポカポカでした。

ベランダで洗濯物を干している間、わんこたちはベッドでスヤスヤ。


ん〜っ、この姿が見られて幸せ!
| ウチの子たち | comments(7) | - | 22:14 |
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
SLIDESHOW
いつでも里親募集中
ACCESS ANALYZER
MOBILE
qrcode
PROFILE