fairy tails

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |

ある子猫の死

土曜日の朝、近所に住むわんこ仲間からSOS。

家の駐車場に猫が倒れているんだけど、どうしよう?

すぐさま現場に駆けつけると、そこには衰弱しきった、まだ小さな子猫が。
「死んでいるかと思った」との言葉通り、目を開いたまま、息も絶え絶え、ほんのかすかに口が動くだけ。

もうダメかもしれないと思いつつも、それでもまだ生きているんだからと急いで動物病院に連れて行きました。

生後2ヶ月ほどの子猫ですが、骨と皮だけになっていて餓死寸前。
前日からの土砂降りの雨に打たれたせいか、低体温症で体温が35℃。
子猫の心拍数は普通は200くらいだそうですが、この子は50ほどしかありませんでした。

先生に治療をお願いして、一旦家に戻ったのですが、私達が病院を出て5分後に心肺停止状態になったそうです。
蘇生で息を吹き返したものの、助かる可能性は10%ほど、おそらく今日明日に力尽きるのではと言われました。

不安な気持ちで一夜を過ごし、様子を見に行こうと出かける準備をしていた昨日の朝、保護主であるわんこ仲間から電話がありました。
「さきほど息を引き取ったと病院から連絡があった」と。

最初から覚悟はしていましたが、やはりショック・・・

何日もご飯を食べられなくて、お腹ぺこぺこだったね。
冷たい雨に打たれて冷え切った体では、助けを求める声を上げることもできなかったのかな。
もっと早くに気づいてあげられなくてごめんね。

ごくたまにひとり散歩中?と思う猫を見かけることはありますが、子猫はこの近辺で見かけたことはありませんでした。
野良の子なのか、最近捨てられた子なのか、それとも家を飛び出して迷子になった子なのかはわかりません。

なぜこんな小さな子がひとりぼっちで苦しんで、わずか2ヶ月ほどの生涯を閉じなければいけなかったのか。
病院に連れて行く車の中で膝の上に乗せたその子猫はとても軽く、乗せているのが分からないほどの小さな子でした。
でも命は重いはずなのに、と思うとやるせない気持ちでいっぱいです。
| つぶやき | comments(2) | - | 11:28 |

「かわいいこねこをもらってください」

夏休みもあとわずか。
子供達の宿題の残りが気になり、目がつり上がっている母です。

必死におしりを叩き、何とか夏休み内に次男の宿題を終わらせるめどがついたのですが、重大な事実が発覚。

夏休み中に10冊本を読んで、ひとこと感想を書くことになっているのですが、

まだ6冊しか読んでないじゃないかーー!


本を借りるため、次男を引きずって図書館へ。

母が本を物色している間に次男は椅子に座って「かいけつゾロリ」を1冊読んだので、あと3冊。

低学年〜中学年向けでなるべく話の短いものを狙って探していたのですが、ふとタイトルに惹かれて手にした本がこちら。



小学生の女の子がダンボールに入った捨て猫を拾います。
アパート住まいなのでその子猫を飼うことができず、新しい飼い主を見つけようと努力するのですが、なかなかもらい手が現れません。
ついに大家さんに見つかってしまって・・・

という内容の本なのですが、必死で子猫を守ろうとする女の子のひたむきさに心打たれました。

同じように保護犬との出会いと別れを経験している次男なら、共感できることも多いのではないかと思い、借りることに決定。


この本の作者、なりゆきわかこさんの本でもう1冊読んだことがあるのが、「さよならチワオ」



老犬の介護を通して、命の尊さを教えてくれる1冊です。
ちょうど先代犬がガンで闘病中だった頃、偶然この本を本屋で見つけて、泣きそうになりながら長男と一緒に読みました。


どちらも小学校低学年の子供向けの本ですが、もちろん大人にもお勧めです。
| つぶやき | comments(3) | - | 21:38 |

将来の夢

今日は長男の小学校の卒業式でした。
普段から子供の行事などを見るだけでウルウルになってしまう母。
今日はひときわウルウルでした。

卒業のしおりに卒業生ひとりひとりの将来の夢が載っています。
「一戸建ての家を買う」という超現実的な夢から、「ノーベル化学賞をとる世界的に有名な化学者」というスケールの大きな夢まで様々で、式が始まる前に楽しく読みました。

長男の夢は
「獣医になって動物の命を助けたい」。

2年ほど前の夢は
「デイジーの命の恩人であるドッグレスキュークラブ・東京の代表、Hさんみたいな人になる」でした。

う〜ん、それは立派な夢だ。
でもね、それじゃぁ食べていけないんだよ。
お金を稼げる職についてくれ。
というわけで、獣医になったようです。

他にも目を引く夢がありました。
「動物を保護するイラストレーターになりたい」というHちゃんの夢。
お母さんが絵を描くのが得意な人で、Hちゃんも絵画コンクールで賞を取ったこともあります。

Hちゃんの家はマンションのため、ペットを飼うことができません。
でも犬が好きで、公園のわんこ集会に時々やって来て、犬をなでていました。
私が預かりボラをしていることも知っています。

ある日、Hちゃんのお母さんに会ったとき、
「ウチの娘があなたのこと偉いって言っていたよ。 尊敬するって」と知らされました。

子供にそんなことを言われるとは思ってもみませんでした。
大人に認められるよりも嬉しい。

犬を何匹も連れて歩いて、変人扱いされることも多いけれど、私の行動を評価してくれる子供がいる。
こんな私でもロールモデルになれるんだ。

Hちゃんの夢が叶うことを願っています。

あ、ウチの子の夢も叶えてやりたいな。
それには頭とお金が必要なんだけど・・・


ローラとリッキーのいぬ親さん募集中。
お問い合わせ先 ⇒ ちばわん


新しい家族を待つローラとリッキーに応援をお願いします。

にほんブログ村 犬ブログへ ぽちっとな!
| つぶやき | comments(3) | - | 22:43 |

大統領の犬

++ お知らせ ++

さる10月23日に、日本テレビの夜の「ニュース・ゼロ」で放映された動物愛護センターの取材番組ですが、犬の捕獲の現場や、犬や猫を持ち込む飼い主の実態が放映され、反響が大きかったため、特集としてもっと長い時間枠で再放映されることになったとのことです。

日時:11月13日(木)夕方4時53分〜夜7時00分
TV局:日本テレビ、夕方のニュース番組 「リアルタイム」特集
http://www.ntv.co.jp/real/

視聴者からは、犬猫を増やしている原点の一つである繁殖・販売業の実態にせまってほしいという要望も寄せられたそうです。

局側は、視聴者の反響が大きければ続編を取材放映することが考えられますので、皆さまもご覧になりましたら、どうか番組までご意見や要望をお寄せください。

===================================

アメリカ大統領選が終わり、メディアのお祭りもひと段落したころ、「 オバマ家が飼うのはどんな犬、米国民に高い関心 」というニュースをネットで見つけました。

アレルギーがあるのに犬を飼うのは難しいんじゃないか・・・と思うのですが、シェルターから犬を引き取りたいという考えには拍手です。
アメリカでは保護犬を家族に迎えるという考えが日本よりもずっと広く受け入れられていますが、ファーストファミリーが率先してシェルターから犬を迎えれば、アメリカだけでなく、極東の島国を含む他の国にも影響を与えるかもしれないと期待してしまいます。

オバマ氏の地元の新聞紙、シカゴ・トリビューン紙では「オバマ犬」の人気投票を実施したとか。
「オバマ犬」選びに全米が注目

シカゴ・トリビューンのHPから探してきましたよ〜



画像をクリックすると、投票のページに飛びます。
ページをスクロールダウンすると、投票状況も見られます。
ちなみに今はシェルター犬が53.4%でトップ。
私もシェルター犬に一票!とポチっとしてみたのですが、結果が反映されないところを見ると、もう投票は締め切ったのかも?
しかし、右下の猫の悪人顔には笑える。

つい半年ほど前に知ったのですが、ビーグルもホワイトハウスで暮らしたことがあるそうです。

ライフ誌の表紙を飾ったリンドン・ジョンソン大統領のビーグル、HimとHer ( のポストカード )

こちらで写真が見られます。
ページ左上のPetsをクリックすると、歴代大統領の飼っていたペット一覧も見ることができます。
暇つぶしにいかがですか。

こちらもどうぞ。
歴代大統領の犬達(1)
歴代大統領の犬達(2)

ブログランキング引き続き参加中! 応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ ←バナーをポチッと
| つぶやき | comments(2) | - | 15:02 |

台湾の捨てビーグル

前にこのブログでも紹介したことがある「 LIVING WITH DOGS 」というサイトの新着記事に 「 日本は捨てチワワ、台湾は捨てビーグル 」というエッセイが載っていました。

数年前、某消費者金融会社のCMでチワワが大人気となり、チワワブームが到来。
その後、飼育放棄されるチワワが出始めました。
ブームのときにチワワを買った人の中には、流行がひと段落したときに「 チワワを連れて歩くのは恥 」とまで言った人もいたとか、いないとか。
まるでブランド物のバッグと同等の扱いです。
もっと前にはゴールデンブームやハスキーブームもありましたね。

ある犬種が流行ると、人気だからという理由だけで飼い始め、いざ一緒に生活してみたらこんなはずじゃなかったと何年か後に捨てる無責任な飼い主の多さに嘆きたくなります。

今は捨てダックスがあふれています。
里親募集の掲示板に掲載されているダックスの数は他の純血種に比べてダントツに多いのが現状です。
里親募集中の子たちは運よく助けられた子たち。
人目につかないところで、ひっそりと処分された子たちはその何倍でしょうか?

同じような現象が台湾でも起きていると知り、流行を追いたがる国民性が似通っているからなのだろうかと思いました。
ビーグルを飼うことがトレンドとなり、特性を知らないまま飼い始めたバカ飼い主に捨てられる子がいるなんて、考えただけでも悲しい・・・





リリーも我が家のデイジーも捨てビーグルとしてセンターに収容されました。
野良犬の子として生まれたのではないことは明らかで、誰かに飼われていたはずです。
最期まで責任を持って飼うことができないのなら、最初から飼わなければいいのに。

流行の裏側には、人気犬種を供給すべくボロボロになるまで何度も出産させられる繁殖犬がいることを知らない人もいます。
機械が作っているとでも思っているのでしょうか?
無理な乱繁殖の結果、遺伝性疾患を抱えた純血種が他の国に比べて日本はとても多いそうです。

いい加減、ブームに乗せられるのをやめませんか?

テレビCMやドラマでビーグルを見るたびに、「 お願いだから人気が出ないで 」と祈りたくなります。
他の犬種に関しても、「 テレビで人気の 」という飾り文句が付くことをとても不快に思います。

見た目のかわいらしさや流行に惑わされず、自分の性格やライフスタイルに合う犬を家族として迎えるのが当たり前の世の中になってほしい。
そして安易な気持ちで飼うことができないような制度を作ってほしいと強く願います。


赤い糸が繋がったリリーにおめでとうのクリックをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ ←バナーをポチッと
| つぶやき | comments(2) | - | 21:34 |

魔法使いのおばあさん

リリーのお届けが終わり、連休も終わり、すっかり抜け殻となってしまいました。
いまだにリリーがお姫様になった感慨にふけっています。

本当にシンデレラストーリーでした。
カボチャの馬車ならぬ、運搬ボラさんの車がお迎えに来て、向かった先にはリリーのためにあれもこれも準備して待っていてくださった里親さんのお家。
どん底から這い上がってきたリリーを待っていたのは暖かい家族でした。
そして幸せに暮らしましたとさ。 めでたし、めでたし。 となるでしょう。

そんなドラマに私も出演できたことを嬉しく思います。
私の役? 魔法使いのおばあさんでしょ。
ボロボロだったシンデレラをピカピカにして、馬車に乗せて送り出しました。

そう考えると、預かりの仕事もさらに楽しくなります。
これからも魔法使いのおばあさんとして、わんこたちの幸せ探しのお手伝いをがんばります!

魔法使いのおばあさんが増えると、それだけ助かる命も増えます。
一時預かりをしてみようかなと思っていらっしゃる方、どうか勇気を出して一歩を踏み出してください。


あなたたちはもしや、シンデレラの義理の姉妹!?


赤い糸が繋がったリリーにおめでとうのクリックをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ ←バナーをポチッと
| つぶやき | comments(6) | - | 21:11 |

センターに収容されたコーギー

先週の7日のことです。

近所の方が早朝の犬の散歩のときにコーギーが放浪しているのを見つけました。
大通りの交差点のすぐ近くで、交通事故に遭う恐れもあるため急いで保護、家へ連れて帰りました。
保護したものの、さてどうすれば・・・となり、アドバイスを求めてきなこの保護主さんのところへ。
きなこの保護主さんは、まずはセンターや警察に連絡すること、病院へ連れて行って健康チェックをしてもらうことなどを伝えました。

そのコーギーはメスで小ぶり、大人しそうな性格の子だったそう。
けれど、体は汚れ、臭いもきつく、長い間洗ってもらっていないようなねっとりとした毛をしていて、片耳は汚れて異臭を放っていたそうです。

しかしここでハプニング。
病院へ連れて行ったあと、玄関先につなげておいたのですが、外出中にコーギーは逃げてしまったとか・・・

しばらくするとセンターから保護した人の家へ、同じ特徴のコーギーを保護した人がいるが同一の犬か確認のための電話がありました。
その子は2番目に保護した人がしばらくの間預かってくれることとなり、最初に保護した人はこの件とは関係がなくなりました。

===================================

ここまでの話を7日の夕方の散歩のときに、きなこの保護主さんから聞きました。
あまり大切にはされていなかったような状態で、また捨て犬かと気が重くなりました。
でも、保護してくれる人がいてよかった・・・


ところが翌日、何気なく見たセンターのHPの収容情報にコーギーが。
保護された場所、首輪の色も前日聞いたコーギーと同じです。
慌ててきなこの保護主さんに電話をし、センターのHPの写真を見てもらいました。

この子だ・・・

2番目に保護した人の家にいるという話だったのに、どういうこと?
疑問に思いセンターに問い合わせたところ、保護したものの面倒は見られないというので、センターの職員さんが引き取りに行ったという返事が返って来ました。

毎日日本のあちこちで同じようなことが起こっています。
全ての子を助けることはできない、それは十分わかっています。
でも、我が家から道一本を隔てたところにある家にいったんは保護された子がセンターに収容されてしまった・・・
実際に会ってもいないコーギーだけど、知ってしまった以上助けてやりたい。

千葉市のセンターの収容期限は1週間。
しかし1週間経ったらすぐに処分というわけでもなく、場合によっては収容期間の延長もあるそうです。

期待薄ではあるけれど、とりあえず収容期限内に飼い主が現れるかもしれない。
お迎えがないまま期限が過ぎるようだったら、どうするか考えようということになりました。

そして今朝。
センターの収容情報からコーギーが消えていました。
これは一体どういう意味??
センターに電話で聞いてみたところ、昨日飼い主が迎えに来たとのこと。

予想していなかった出来事に体の力が抜けるのがわかりました。
きなこの保護主さんに携帯メールを打つ手が震えていたほど。

この1週間、あのコーギーのことが頭から離れませんでした。
今の我が家の状況を考えると、これ以上預かり犬を増やすことはできません。
それでも、どうしようもない場合は引き出すことも考えていました。

収容されてから1週間かかったけれど、飼い主が探していてくれて本当によかった。
これが千葉県のセンターだったら、探し当てたときにはもうこの世にいなかった・・・ということになっていたでしょう。

この子に迷子札か鑑札がついていたら・・・
マイクロチップが入っていたら・・・
1週間も不安な思いでセンターで過ごすこともなかっただろうに。

一応ハッピーエンドで終わったものの、飼い主には猛反省をしてもらいたい出来事でした。
ちゃんと耳も治療してあげてよねーー。


リリー、ポポの里親さん募集中。
詳しくは千葉わんHPにて。


本当の家族を待つリリーとポポに応援をお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ ←バナーをポチッと
| つぶやき | comments(8) | - | 22:22 |

無類の犬好き

先日、家族全員で散歩に出かけたときのこと。
住宅街を歩いていて、曲がり角にさしかかりました。
カーブミラーには左手から車がやってくるのが映っています。
いったん停止して、車が曲がりきるのを待つことにしたのですが、車の窓がスルスルと開いて、中からおじさんが顔を出しました。

「親子?」

「いいえ、違います」
3頭とも保護犬で、血縁関係はないことを伝えました。

すると、今度はドアが開いて、おじさんが出てきました。

(え? おじさーん、曲がり角の真ん中に車止めていいの?)

「かわいいなぁ」

かわいいを連発して、わんこたちをなでてくれます。
その様子が犬がかわいくて仕方がないといった感じで、犬好きな人なんだなとわかります。
柴犬を飼っていたけれど、14歳で亡くなったそうです。

「これ、ウチの子」
その子の写真も見せてくれました。

「そうだ、いいものあげよう」
そういって、車の後部座席からおやつを取り出したおじさん。

(もう犬を飼っていないのに、車におやつを常備しているんかい?)

世の中にはいろんなタイプの犬好きの人がいます。
このおじさんは間違いなく無類の犬好き=犬バカに分類されるでしょう。

とても愛おしそうにわんこたちを見つめ、話しかけるおじさんの姿がなんだかかわいく思えるほどでした。

おじさん、いつか柴犬ちゃんを亡くした悲しみを乗り越えて、また犬と一緒に暮らしたいと思える日がくるといいね。



そのときはリリーやルビーやデイジーのような、今度こそ犬が大好きな人と一緒に暮らしたいと切望している保護犬を家族に迎えてくれると嬉しいな。


リリーの里親さん募集中。
詳しくは千葉わんHPにて。


保護犬について知ってもらいたいと思い、ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 一日一回、応援よろしくお願いします。
| つぶやき | comments(2) | - | 22:28 |

人間の首にも保冷剤

++ お知らせ ++

【 第20回千葉WANチャリティフリマ開催 】



第20回千葉WANチャリティフリマを開催致します。
皆様にフリマの品物の寄付のお願いです。
ご協力よろしくお願い致します。
 
【募集するもの】
 
☆食器類(箱入りで汚れの酷くないもの)
☆毛布、タオルケット、シーツ、タオル、ハンカチ、靴下(すべて新品)
※タオル類は箱入りか、箱に入っていないものはそれぞれビニール
などに入れて下さると助かります。
☆日用品(石鹸・シャンプー・洗剤等:新品)
☆香水・化粧品・マニキュア
☆犬・猫グッズ(犬のおもちゃ、食器、お洋服、首輪、リード、ハーネスなど人気があります!)
☆CD、DVD(状態の良いもの)
☆バック類(状態の良いもの)
☆アクセサリー(それぞれ袋などに入れて下さると助かります)
☆手作り作品

募集しているもの以外はご相談頂けたらと思います。
ご協力よろしくお願いします。

【お願い】
以前、フリマの物資を送って下った方も、品物を送って下さる場合は
お手数ですが必ずメールを下さい。
また、送り先をご連絡しますので必ずお名前と住所を記載して下さい。
よろしくお願い致します。
フリマに関してのお問合せは小林(miki_chibita@yahoo.co.jp)
までお願い致します。

□ 開催日:9月27日(土)
□ 開催時間:AM9時〜PM15時 
□ 会場:大井競馬場 第一駐車場
□ アクセス⇒京急「立会川」駅より徒歩10分
/東京モノレール「大井競馬場前」すぐ
□ お客様用駐車場⇒1日500円となります。
お客様用有料駐車場(第三駐車場)をご利用下さい。
□ 雨天の場合⇒朝7時30分に0180-993-121
にて開催情報をお知らせします。


毎日厳しい暑さが続いています。
こう暑いとエアコンに頼らざるをえません。
設定温度は28℃にしてあるのですが、毎日長時間エアコンの効いた部屋にいるせいか、ここ数日体がだるくて仕方がありません。
こういうときは体を温めなきゃいけないんでしょうね。
そんなことも灼熱地獄の外に一歩足を踏み出すと忘れてしまいます。

最近検索エンジンから「クールバンダナ」、「犬 バンダナ 保冷剤」などの言葉でヒットして、このブログにやってくる人が多いようです。
みんな考えることは同じなのでしょう。

わんこたちだけ涼しくて、私が汗だくじゃ散歩も楽しくない、と人間用の首元冷却ベルトを買いました。
保冷剤を冷凍室で冷やして、首に巻くというのは犬用クールバンダナと同じ。
確かに冷たくて気持ちいい。

でも、このベルトを巻いて外を出歩くのは勇気がいる。
かといって、わんことおそろいのバンダナってのも、ねぇ・・・
そこで、Wガーゼのストールに保冷剤を包んで首に巻くことに。


見た目は暑そうだけど、中は冷え冷え〜。

本格的な夏が来る前に作った犬用クールバンダナですが、食品用の小さな保冷剤だと冷却時間が短いのが難点。
何かいいものはないかと探していたときに、ダイソーで人間の首冷却用の保冷剤を見つけました。
効果はソフトタイプで1時間、ハードタイプで2時間と書かれていました。
暑い中、2時間も散歩には行かないので、ソフトタイプのものを購入。
ちょうど3連になっていたので、ひとつずつ切り分けて3匹で使っています。


前回紹介したバンダナの生地が足りなくなってしまったので、ルビー用にはパッチワーク風の生地を使って作りました。

優しい顔をしたルビーには、花柄とか淡い色がよく似合うと思います。
ハイ、親バカです・・・


リリーの里親さん募集中。
詳しくは千葉わんHPにて。


保護犬について知ってもらいたいと思い、ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 一日一回、応援よろしくお願いします。
| つぶやき | comments(5) | - | 22:08 |

問われる飼い主のモラル

++ お知らせ ++

千葉WANイベント情報ブログへ

7月20日に開催です。
新しい家族を探しているわんこたちが多数参加します。
リリーはシニア犬でフィラリア陽性のため、夏の里親会の参加は難しいのですが、きなこは参加予定です。
ぜひ会いに来てくださいね。


きなこには2人の仮のお姉さんがいます。
下のお姉さんは中学生。

きなこを保護したことによって、飼育放棄された犬について考えることがあったのでしょうか。
先日はネットで千葉県で殺処分された犬の数を調べ、他県と比べた上で作文を書いていたと仮ママさんから聞きました。

ちょうど先週、「犬の殺処分数全国一 問われるモラル、多い飼い主持ち込み」という見出しのニュースで沖縄県の現状が載っていました。

沖縄県の平成18年度の犬の殺処分数は6399。
人口10万あたりで比べたら千葉県のほうが低いのは確かですが、殺処分数では大差ありません。
千葉県のセンターだけだと5924。 千葉市と船橋市を加えると6251。
全国ワースト3位です。
こちら統計資料を参考にさせていただきました)

東京都に近い都市部と海に近い地方部の二つを持つ県で、地方では不妊・去勢手術をしないまま犬を番犬として飼ったり、放し飼いにしていたりする家庭も多いからなのでしょうか?
それにしても数字が飼い主のモラルの低さを物語っています。

保護団体や個人ボランティアがセンターに収容された犬を引き出し、里親を探すという活動を行っていますが、1頭を新しい家族の元へ送り出したとしても、その数倍の犬がまた捨てられるといった状況です。


7月3日付の愛護センター・レポートに載っていた写真です。
きなこに似た子が写っていてドキッとしました。

毎日多くの犬が運び込まれ、そのほとんどが二度とこの場所から出られないまま短い一生を終えます。

誰のせい?
無責任な飼い主のせいです。
そんなロクデナシが多く住む千葉県です。

私の出身地、岐阜市は犬の譲渡率日本一だそうです。
(新聞記事はこちら
何年か前にテレビで岐阜市の保健所の譲渡会の様子が放映されていました。
それを見たときに、「へぇ〜、やるじゃん」と岐阜市出身であることを誇りに思いました。

縁もゆかりもなかった千葉県に住むようになってもうすぐ10年。
子供たちにとっては出身地となります。
子供たちが誇りに思えるような千葉県となるのはいつの日のことでしょうか。


リリーときなこの里親さん募集中。
詳しくは千葉わんHPにて。


保護犬について知ってもらいたいと思い、ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 一日一回、応援よろしくお願いします。
| つぶやき | comments(5) | - | 22:55 |
RECENT COMMENTS
SLIDESHOW
いつでも里親募集中
ACCESS ANALYZER
MOBILE
qrcode
PROFILE